プレイステーション2(PS2)

プレステ2(PS2)のガチで面白い名作おすすめソフトまとめ

本記事では管理人がプレイ経験のあるプレステ2のゲームソフトの中から個人的に面白いと感じた作品をまとめてみました。

まだプレイしたことのないソフトも沢山ありますので、順次追加する形になると思いますが、良かったら参考にしてみて下さい。

プレステ2のガチで面白い名作おすすめソフトまとめ

1.ワンダと巨像

失われた少女の魂を取り戻すために遺跡の巨像たちと戦いを繰り広げていく名作アクションゲーム。

巨像によじ登りながら弱点を見つけて剣を刺すというシンプルながらも中毒性の高いゲーム性が魅力の作品。

弱点までのルートを探し出す作業がとても面白く、初見ではそれなりに頭も使う。

何ともいえない悲壮感に満ちた世界観もたまらない。

ダウンダウンの松本人志さんイチオシの作品。

2.ICO

女の子を上手く誘導、時には協力しながら遺跡からの脱出を目指すアクションゲーム。

女の子の手を引き連れながら移動したり、高いところから引っ張り上げたりと他の作品にはない操作性を味わえる。

プレイヤーの思い通りに動いてくれないことも多く、1人にすると敵に攫われたりとヤキモキさせられるシーンが目立つが、むしろそのもどかしさも含めて楽しいと思えるのは本作ならでは。

それほど難しくはないが、謎解き要素もアリ。一応、戦闘もある。

同社制作の「ワンダと巨像」と同様に世界観が素晴らしい。

3.桜坂消防隊

火災現場で消火活動及び人名救助を行っていくタイトル通りの消防ゲーム。

単純に火を消すという行為自体に中毒性があり、一度ハマると病みつきになる面白さ。

仲間に指示を出しながら、効率よく消火していくシミュレーション的な要素も楽しめる。

アクションゲームでありながら、わりと頭を使う必要があるのが本作の魅力。

4.シムピープル

シムズ経験者や生活系のゲームが好きならこの作品がおすすめ。

自分の分身となるプレイヤーを育成して仕事をしたり、料理をしたり家具を揃えたりと生活そのものを楽しむシリーズお馴染みのゲーム性だ。

正直、シムズ3やシムズ4と比べると、グラフィックの面ではかなり劣る。当たり前だがMODも使えない。

ただ、本作にはストーリーモードが搭載されており、ゲーム性としてはこちらの方が断然に楽しいので、グラフィックに特にこだわりがなければぜひプレイしてみて欲しい。

5.SPY FICION

アクションゲーム界の隠れた名作。

様々なツールを駆使しながら主にスパイ活動を行っていくのだが、これが非常に良く出来ていてかなりハマる。

姿を消したり、天井に張り付いたり、時には変装してやり過ごしたりと緊張感のあるゲーム性は中毒性も高い。

ちょっとした映画を見ているようなストーリー展開も結構面白い。

6.天誅 紅

ステルスアクションゲームの最高傑作。

本作のメインキャラであるくノ一2人のどちらかを操作して、それぞれのストーリー毎に用意された各ステージを攻略していくのが目的。

敵に気付かれないように倒していくのが本作における基本的な戦い方となっているが、ステルスゲームならではの緊張感と敵にバレることなくスムーズに倒せたときの爽快感は普通のアクションゲームでは絶対に体験できない面白さを味わえること間違いなし。

ステルス×くノ一にビビっときたらぜひ。